サービス内容

優建総合開発のサービス内容解体工事とは、第一段階として、内部の分別解体から行っていきます。 内壁仕上げや「鋼製建具」「木製建具」「什器備品」等を手解体し、廃棄物の種類別に処分していきます。 その次に、外壁や構造体だけの状態にし、人力または重機にて解体を行います。その後、基礎解体を行って最後に土地を平らにし完成となります。 お客様のご用途に合わせて解体事業が変化していきます。 ご期待に添えるように尽力しますので、一例ですが当社が行っている解体事業をいくつかご紹介させていただきます。



1.【建築物解体】

建築物解体工事「木造建物」「RC建造物」「鉄骨造」などの建物解体工事。 「土間コンクリート」「アスファルト」「駐車場(立体可)」「フェンス」「ブロック」の撤去処分。 立木・生垣・土の撤去処分も行っております。



2.【内装解体工事】

内装解体工事リノベーションやリフォーム、店舗や社屋の改装などの理由で、内装だけの解体を行う場合もあります。 「マンション」「ビル」「店舗」「厨房」などの内装解体工事だけではなく、工事中に出た不要品の廃棄なども責任を持って行ないます。



3.【アスベスト解体】

賃貸・店舗・事業用テナントの原状回復工事人体に影響を及ぼすアスベストは、解体だけでなく、除去に関しても慎重に行なわなくてはなりません。 当社はアスベスト除去の資格を持っており、取り扱いに十分な配慮を行っております。 アスベストの粉塵を周囲に拡散させることがないよう、隔離した上で行ないますので、周囲の環境に影響は与えません。



4.【不動産事業】

アスベスト解体工事優建総合開発では、不動産の売却から建物解体まで一貫して自社で業務を行っております。(グループ会社:優建不動産レジデンス)その為、売却開始時に古家が付いていても売れたら建物解体をし、更地で買主様へお渡しする事が可能です。よって先に建物を解体しなくてもよく、建物解体費用も売れてから相殺出来るので、所有者様の負担も楽になりました。通常、先に建物解体をすると「費用もすぐに支払わなければならない」・「解体してもいつ売れるかわからない」など所有者様の様々な不安解決も優建総合開発だから出来ます。